キッチン・シェルブス

サイズ:W160  D50  H160¥310,000

材質 :ナラ

塗装 ;オイル

 

19世紀にハンコックで作られ、現在でもその厨房に置かれているオープン型の棚です。元来は共同宿舎の厨房用のものですが、それ以外にも用途が広くあるので復元してアイテムに加えました。



ハンギングカップボード

サイズ:W30  D15  H42¥55,000

材質 :ナラ

塗装 ;オイル

 

 

ペグボードに吊り下げて、Shaker達は使っていました。

宇納家具工房,寮のテーブル近くの壁に取り付けて、普段使いの食事道具を入れています。

 見た目以上に収納でき、とても使いやすいものです。



ハンギング・シェルフ

サイズ:W150  D22~12 H64¥115,000

材質 :ナラ

塗装 ;オイル

 

これは、壁に直接取り付けていますが、Shaker達はペグボードに取り付けていました。

棚板は、薄く12mm程1600の幅では、たわみます。鉄棒で補強しています。

(宇納家具工房では 真鍮の板をつかっています。)

極限まで簡素で機能的なことを良しとしたShaker達の他の家具類でも金属で補強することがありました。このような家具を見るとShakerの精神を感じます。

 



ラック

 

サイズ:W  D  H¥

材質 :ナラ、チェリー、ホワイトアッシュ(3種類)

塗装 ;オイル

 

 

 

クロス・ラックとかドライング・ラックと言われるものです。 布類をこれに掛けて使っていました。  これも極端に部材が細く、軽いです。それぞれの貫はすべて通しホゾで、割りクサビでとめてあります。

 

 

 

宇納家具工房の寮や自宅で、もう何十年も使っています。各部屋に移動もします。使い込んだ良い風合いが出てきました。 これに、そっとタオルを掛けて、一日が始まります。



ペグ・ボード

サイズ:w:180  D:95 H:80 ¥27,000

    w:150         ¥23,000

                w120       ¥19,000

                w:90        ¥15,000

材質 :ナラ、チェリー、ホワイトアッシュ(3種類

塗装 ;オイル

 

基本的には、壁に組み込まれていた物で、新築時に取付を御検討の場合は、

大工工事前に、お知らせください。

 

 

 

Shakerのほとんどの住空間に、ペグ(つまみ)が付いた板が取り付けられていました。部屋により高さを変え、集会が終わった後、椅子が掛けられ、廊下ではキャンドル・スタンドを掛け、キッチンや作業場では、道具を掛けました。 ペグボードが取り付けられた空間は静謐間が漂います。



ルッキング・グラス & ハンドルッキング・グラス

サイズ:W35  D5  H54¥38,000

材質 :ナラ

塗装 ;オイル

 

 

 

 

 

 

皮紐で調整して角度が変えられます。元の物はペグの径に合わせた丸穴が空いていて、そこをペグに掛けていました。これは、皮紐でつりさげていますが、Shaker独自のユニークな鏡です。

サイズ:W21  D2.8  H38¥25,000

材質 :ナラ

塗装 ;オイル

 

 

 

 

 

 

これも同じように、掛けていました。手で持てる大きさと重さです。



コート・ハンガー

色々な形のハンガーをShaker達は作っていました。

彼らが作った生活道具には珍しい曲線が用いられています。

ご紹介するのは、その中でも比較的単純な形の物です。

サイズ:W45  D0.8  H10¥4,000

 

材質 :ナラ  チェリー(2種)

塗装 ;オイル

 


サイズ:W45  D0.8  H12¥4,500

材質 :ナラ       チェリー(2種)

塗装 ;オイル

 



bowl

このような、木のBowlも彼らは作っていました。

 

Shaker教徒の事を世に発表した研究者ご夫婦のことが紹介されている本があり、彼らの初のシェーカーコレクションが、木の器とあります。アメリカに渡って初期の物のようで、楕円に変形していると書かれています。 乾いていない材料を使ったのでしょう。

その器写真を見ると、シェカー教徒の最初の生活が浮かんでくるようです。

 

左の写真、右上は20年前に、宇納工房裏山の松の生木でこしらえた物です。

同じように、楕円に変形しています。

後の2つは、チェリー材で作りました。22cm径 高さは、6cmと4.5cmです。 参考価格¥10,000~¥1,8000